スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去ログ「留守電係。。」

現在アタシが派遣されてる会社で唯一厳しい教育的指導をしてくれる営業マンSさんがいます。詳細は 発端はぴちょんくん? に掲載。
その背景にはアタシが彼に指摘を受けて厳しく突っ込まれても( ̄▽ ̄)ヘラヘラしてる内にだんだんとエスカレートしていってしまった。今じゃ3回に2回の確率で冷たくあしらわれる、睨まれる、すごまれる(^_^;)
見かねた彼の正規アシスタントの二人が「泣いていいから!」「泣いてやれ!」とけしかけられたたが( ̄▽ ̄)ヘラヘラ 『これは、これでオイシイかな~』と、関西人のサガに逆らえなかったアタシ(笑)
「Mだ」「Mだね」と味方にM認定され「そにら(本名の方ね)のMは、マゾのM」
ってことはSさんはその名の通り…(爆)

ある日、時間が7時を回った頃、Sサン宛ての客先からの電話が相次いだ。仕事が進まずイラついたSサンが「なんで留守電セットしてへんねん!!」とアシスタントYさんに向かって言った。慌てて留守電セットしたYさんに、
S「今後は 自動的に 6時半になったら留守電セットされるようにしよう!」
Y「えっ、そんなこと(機能)出来るんですか?」との問いに自信満々に (⌒^⌒)b うんと頷き、そしてこう言った。
S「そにら。さ~ん!」
その一言で全てを悟ったYさん(そして、アタシ)
Y「ひ・ひどっ!!」
(^_^;)つまり
アタシがその自動留守電セット機能装置って、ことなんですね!?

その次の日から留守電セットボタンをも~押しまくり(笑)6時を回ると o(;-_-;)o もーソワソワしてくる(爆)
留守電はSサンの目の前に何故かあり、アタシが押すたびに時計で時間を確認する。んで押す時間が遅れると( ̄- ̄メ)チッ☆と舌打ちされるのであった。。

Sさんから「※プラマイ5分は許す」との寛大なお言葉を頂き、「休日モードと平日モードではメッセージが違うからセット気をつけるんやで!わかったな!!」とチェック項目を増やされる。『はい。』(・・*)まさにヘビ(=Sさん)に睨まれたそにら。である。
そんな従順なアタシに周囲は哀れみつつも笑いを噛みしめるのであった。。(爆)
※5月現在、マイナス5分のみOKに変更。さらに条件が厳しくなっております(笑)

img_204310_1511712_0.gif

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そにケログ。

そにら。

  • Author:そにら。
  • そにら。のブログ 略して、そにケログ

    ↓FUの火を灯し続けよう!
    FLYING UNION


    まりかんゆきえたんまりか☆彡誰?メロンパゆずミルクル未来の…そにら。
    ちんぷん♪←MYほうき。ちんぷん♪
    弟はかんぷん☆


    愛しの稲葉さん
モンハン日記アイルー村
おNewでっせ!
Thank You!
おバカ分け。
記事こんだけ。
トラバってます。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。