スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その⑧

-玄武洞~城崎温泉-
玄武洞ミュージアムを思いっきり堪能したアタシ達は、城之崎へ戻ることにする。お土産物屋さんに荷物を預かってもらったお礼を言い(そして、心の中で何一つ土産物を買わなかったことを詫びw←EKOちゃんは何か買ったようだ)教えてもらった専用電話で呼んだタクシーを待つ。

<第6のイケメンさすらいのドライバー再び>
待つこと数分、やってきたタクシードライバーを見て( ̄0 ̄;アッ。
運「○○さんて・・おたくら?」 (o゜◇゜)ノあぃ、オタクです(違)
E「いやあ、縁がありますねぇ」
行きの玄武洞へ送ってくれた運転手さんである。まさか帰りもお世話になるとはホント偶然である。
しかし・・今日は歳くってんのばっかだな。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
城崎温泉へ戻る道を行くと、行きの時より何倍ものすんごい渋滞。これからマリンワールドってか。。ご苦労なこって。。
運「これやから、あっち方面行くのやめて戻ってきたんや」
それで、またしてもアタシらを拾う羽目になったと。
実際、この渋滞に巻き込まれて城崎へ戻れるもんかと怪しんだが、そこは地元タクシードライバー。慣れたもんでスイスイかわして突き進む。
あっと言う間に、今回の旅の出発点へ到着する。
お礼を言ってタクシーを離れると別のカップルがドライバーさんへマリンワールドまでの道のりを尋ねていた。渋い顔で
運「今からだと3時間はかかるで」w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!着いて2時間で閉園じゃん!行くのやめときな(笑)
まずは荷物を駅ロッカーへ入れる。そして、これからご飯を食べて温泉・・なんだけど。アタシ達にゃあガイドブックもなんもありゃせん。
まずは、それを調達しようと訪れたのは・・またしてもバスの案内所。

<第7のイケメン優しいクールビューティ>
案内所受付のパンフを見てもそれらしきものは見当たらず。そりゃそーだ、だってバスの案内所な訳だし。でも今のアタシ達にゃあそんな常識は通用しないのである。とにかく、
なんとかしろい!←あくまで人まかせ(爆)
旅の恥は何とやら、図々しいのも愛敬のうち(笑)受付員を呼び出して聞く。
E「観光mapはありませんか?」すると、窓口から顔を出した一見冷たそうな綺麗な顔立ちをした男性がわざわざ外へ出てきて一緒に探してくれる。そして、
係「パンフレットは旅館案内所の方にあるかと思います」と教えてくれた。
(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…なんて丁寧な。お礼を言って立ち去るアタシ達。口々に「なかなか男前だったよね~」とキャピキャピ会話しながら道を挟んで反対側の旅館案内所の方へ。外湯めぐりのアクセスマップを手に入れるとすぐ外へ飛び出す。だって別にイケメンいないし←現金である(爆)第一、旅館案内されても困るのだ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
さてと、お腹が空いたアタシ達はまずはランチにすることにした。
昨日着いた時にアタシが騒いでた駅前のお店で手っ取り早く但馬牛ステーキ丼と城崎地ビールと決め込みたいところだが(・・。)ん?
た・高い!( ̄▽ ̄;)!!ガーン。さすがは但馬牛。昨日値段は確認してなかったが、気軽にランチと呼べる金額でなし。(・・、)泣く泣く諦めることにした。

そ『ステーキ。。地ビール。。』
(・・、)未練たらたらなアタシを慰めるような二人。
ゆ「また来た時に食べればいいじゃないですかぁ」
E「そうそう、またの機会に。」
そ『・・また?』
そうよ!だってアタシ達
城崎がシヌホドスキダ、ッカラー!
(^_^;)誰が チャン・ドンゴン だって?(笑)まぁ、韓流では一番スキダ、ッカラー(爆)
そして、ゲットしたmapを元にお金のかからない足湯巡りをしつつランチを食べ、ロープウェイにも乗って、最終どこか一ヶ所温泉に入ってから帰ろうプランに決定。
早速、足湯[壁]スッ≡( ̄ー『+』ゝ発見!!

-駅舎温泉 さとの湯-
近代的な各種の温泉・サウナ完備。駅前という立地に恵まれた外湯である。その立地ゆえに、人がいっぱいでなかなか足湯につかれない。ゆきえたんが素早く空いた場所に入り込む。(≧∇≦)ъ ナイス!続けて横が空きそうだったためEKOちゃん先輩とアタシが並ぶ。そこへやってきた親子連れ。小学生低学年っぽい2人のガ・・お子様が(笑)待っているアタシ達の前へスッと入り込み( ̄◇ ̄;)エッ?そのまま靴脱いで入ってしまった。
(ーー;)百歩譲って、ガキ(あっ)は許そう、この際ね。
だが、見てても何一つ言わない 親は許さん!!
ジィィー(;¬_¬);¬_¬) ♪~( ̄ε ̄( ̄ε ̄;)←イヤ、口笛は吹いてないけど(笑)
子供に横入りを注意するなり、アタシ達に一言謝るのが筋っつーもんでしょ!!そういうことが出来ないってことは恥ずかしいと思うねアタシは。その隣でつかってた夫婦がアタシ達に「足拭くからちょっと待ってね」と声を掛けてくれた。笑顔で答えるアタシ達。ゆきえたんとはガキ挟んで離れてしまったが、も一人ぐらいは一緒につかれそうである。
そ『こっち余裕あるよ~』呼びかけに答えてやってくる。
ゆ「こっちの湯の方が熱ーい!あっちぬるくって」
そ『そうなんだ。。』じゃあ、あっちの親子にくれてやる。家族揃ってぬるま湯でつかってやがれ!!(" ̄д ̄)けっ!
ゆ「・・・なんでカエルばっか」
足湯の湯が出るところはカエルであった。
↓カエルと戯れるアタシの足(爆)
そにら。カエルと共演の巻。

ここのカエル達は、なかなか五体満足なカエルがいない。きっとアタシみたく足を乗せて見たりして腕(前足か?)がポキっとな折れちゃってるようだ。わが身を削られるような思いをしながらも(嘘)カエルの口からチロチロと流れる湯の気持ち良さに足の疲れも癒されるようだった。

《その⑨へつづく。目標は⑩完結だ~ファイト!》
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さとの湯はまだ出来て新しい温泉なんだよ。
旅館に泊まったらタダ券もらえるのに。私もブルーきのさきの送迎バス待ってる間に足湯つかったりしましたよ~。

しろい
玄武洞ミュージアムなどを
旅しなかった。


そにケログ。

そにら。

  • Author:そにら。
  • そにら。のブログ 略して、そにケログ

    ↓FUの火を灯し続けよう!
    FLYING UNION


    まりかんゆきえたんまりか☆彡誰?メロンパゆずミルクル未来の…そにら。
    ちんぷん♪←MYほうき。ちんぷん♪
    弟はかんぷん☆


    愛しの稲葉さん
モンハン日記アイルー村
おNewでっせ!
Thank You!
おバカ分け。
記事こんだけ。
トラバってます。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。