スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その⑧

-玄武洞~城崎温泉-
玄武洞ミュージアムを思いっきり堪能したアタシ達は、城之崎へ戻ることにする。お土産物屋さんに荷物を預かってもらったお礼を言い(そして、心の中で何一つ土産物を買わなかったことを詫びw←EKOちゃんは何か買ったようだ)教えてもらった専用電話で呼んだタクシーを待つ。

<第6のイケメンさすらいのドライバー再び>
待つこと数分、やってきたタクシードライバーを見て( ̄0 ̄;アッ。
運「○○さんて・・おたくら?」 (o゜◇゜)ノあぃ、オタクです(違)
E「いやあ、縁がありますねぇ」
行きの玄武洞へ送ってくれた運転手さんである。まさか帰りもお世話になるとはホント偶然である。
しかし・・今日は歳くってんのばっかだな。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
城崎温泉へ戻る道を行くと、行きの時より何倍ものすんごい渋滞。これからマリンワールドってか。。ご苦労なこって。。
運「これやから、あっち方面行くのやめて戻ってきたんや」
それで、またしてもアタシらを拾う羽目になったと。
実際、この渋滞に巻き込まれて城崎へ戻れるもんかと怪しんだが、そこは地元タクシードライバー。慣れたもんでスイスイかわして突き進む。
あっと言う間に、今回の旅の出発点へ到着する。
お礼を言ってタクシーを離れると別のカップルがドライバーさんへマリンワールドまでの道のりを尋ねていた。渋い顔で
運「今からだと3時間はかかるで」w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!着いて2時間で閉園じゃん!行くのやめときな(笑)
まずは荷物を駅ロッカーへ入れる。そして、これからご飯を食べて温泉・・なんだけど。アタシ達にゃあガイドブックもなんもありゃせん。
まずは、それを調達しようと訪れたのは・・またしてもバスの案内所。

<第7のイケメン優しいクールビューティ>
案内所受付のパンフを見てもそれらしきものは見当たらず。そりゃそーだ、だってバスの案内所な訳だし。でも今のアタシ達にゃあそんな常識は通用しないのである。とにかく、
なんとかしろい!←あくまで人まかせ(爆)
旅の恥は何とやら、図々しいのも愛敬のうち(笑)受付員を呼び出して聞く。
E「観光mapはありませんか?」すると、窓口から顔を出した一見冷たそうな綺麗な顔立ちをした男性がわざわざ外へ出てきて一緒に探してくれる。そして、
係「パンフレットは旅館案内所の方にあるかと思います」と教えてくれた。
(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…なんて丁寧な。お礼を言って立ち去るアタシ達。口々に「なかなか男前だったよね~」とキャピキャピ会話しながら道を挟んで反対側の旅館案内所の方へ。外湯めぐりのアクセスマップを手に入れるとすぐ外へ飛び出す。だって別にイケメンいないし←現金である(爆)第一、旅館案内されても困るのだ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
さてと、お腹が空いたアタシ達はまずはランチにすることにした。
昨日着いた時にアタシが騒いでた駅前のお店で手っ取り早く但馬牛ステーキ丼と城崎地ビールと決め込みたいところだが(・・。)ん?
た・高い!( ̄▽ ̄;)!!ガーン。さすがは但馬牛。昨日値段は確認してなかったが、気軽にランチと呼べる金額でなし。(・・、)泣く泣く諦めることにした。

続きを読む

スポンサーサイト

夏なのに頑張ってるね。

(;´д`)ゞ 暑い!!と言っても太陽の日差しに照らされて暑い訳でなし。
大阪の夏は、なんせ 蒸し暑い!
これにつきます。雨が降ってんのになーんでこんなにムシムシすんだかなー(-。-;)おかげで、仕事やる気しないよ・・って、いつもだろ?ってか?
し・失礼な!!(笑)
いつだって全力投球さ~ただカラ回りしてるってだけ(爆)
そんな近頃、コンビニで見かける商品はコレ!
チロル期間限定カキ氷

アタシが行った限りの話ですが、ローソンなんかレジ側にドーンとこい!!
まさしく、V・I・P(笑)
サンクスなんて[大人買い]なんて、コーナー作って1個売り商品を箱売りしてるし。
恐るべきチロル待遇(ーー;)夏なんてさ、チョコレートもん不利な環境なのにね。チロルは不況知らずなのか?しかし、こんなに次々と面白商品を開発する会社はすごいね~尊敬するよ。ちまたにチロリアン(そにら。命名?過去ネタ わてら陽気なチロリアン♪ もどうぞヨロシク)が増える訳だ
そして、コンビニスト&チロリアンなアタシは、まんまと策略に引っかかって(チロルの?コンビニの?どっちなんだw)買って冷やして食べてみました。
( ̄~ ̄;) ウーン。この“シャリシャリ”感は確かにカキ氷風。でも何の“シャリシャリ”なんだ?エリスリトールって、だから何よ?一度は、この“シャリシャリ”を味わってみては如何でしょう?
ちなみに現在、袋入り(箱じゃないよw)購入で、 カキ氷器プレゼントキャンペーン中 だって。
ちょっと・・本物のカキ氷に張り合ってるとか?オットォ!(・o・ノ)ノ
どこまでも強気なチロルであった(爆)

( ̄o ̄;)ボソッ。チロル会社の人は人呼んでつーか、そにら。用語じゃあ、
「チョコ・チロリスト♪」

カナしい時~、ムカつく時~。

(6 ̄  ̄)ポリポリ、ちょっとタイトル古い?他に浮かばなかったよ。
それぐらい自分に余裕がない、アップアップだ。
アタシの仕事は主に、客先注文に対する在庫管理だったり電話応対だったり、仕入先への発注だったりするわけで、とかく我がままなお客さんのお相手に追われて、受注データの入力や売上計上処理なんかはあまりやってない。全然ではないが事務的な仕事より管理的なことを優先して行っているのです。
そんなアタシの仕事をサポートしてくれる人がいるからこそ専念出来るってもんです。A・C社においてはUさんがサポートしてくれて、B社はmさんがやってくれている。週に一度、定期注文データが通信で送られていてC社は月曜日、A社は木曜日、B社は半年に一度の割合で日程を決めてデータ送信。コイツが一番(`×´)丿ウザイ!!毎週注文よこすくせに納期は順を追ってではない。つまり平気で割り込み注文を半端な数でない件数で短納期(あえてこう呼ぶ)送りつけてくるのである。(ーー;)見込みなんかいーから確定注文を順序よく送りやがれ!!おかげで短納期での商品準備を余儀なくされている。
そんなB社が木曜日にデータを送ってくる場合はホント大変である。mさんは月に一度病院の検診があるため会社を休まれるがたいがい木曜日である。木曜日はA社の定期注文日なのでアタシは朝から大忙し。30ページ強の発注資料に目を通すだけでヘ( ̄  ̄;ヘ)))。。。フラフラァなのに、その上慣れていないB社のデータ取り込み、出荷準備資料を作成し、実際に商品を準備してくれる人達に一刻も早く渡さなければならないのだ。金曜日に納品があるので前日に納品書を発行しなければいけない時もある。納品書だけならいい。定期注文が入る時だけは正直、休まれるとキツイなぁと思ってしまう。人それぞれ事情があるから仕方ないと思いつつもね。
それでも、UさんがA社のデータ処理をしてくれるから、何とか出来るんだけど。。今日Uさんから話しづらそうに、
U「今度、お休みもらいたいんやけど・・」
そ『エエ!いつ?』←いつも大げさに驚くのがお約束(笑)
U「6月15日。」カレンダーを何気にチェック。(; ̄ー ̄)...ン?
そ『木曜日じゃん!まじで!?』
U「百か日法要で・・」
( ´△`)アァ-、それは仕方ない。Uさんのダンナさんのお兄さんが亡くなってそんなに経つのか。。
そ『・・中途半端な曜日にすんだね。。』←プチ未練(笑)
U「こればっかりはね・・」
(゜o゜;) ハッ
そ『うそ・・B社の定期注文日だぁ。。』。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
も一つ、(*゜ロ゜)ハッ!!
そ『mさん、今度いつ休むの??』恐る恐るたずねてみる。
m「多分、4週間後やから・・6月15日」
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
んじゃアタシ、その日は普段2人に手伝ってもらってることしながら自分の仕事もこなすのね。。
(@◇@;) ウ・・・はい、死んだ!
(o_ _)o...返事がない、ただの屍のようだ。
U「大丈夫よ、そにら。さんだったら」
(=_=)どこにそんな根拠があるのだろうか?
ちょい先の未来ですが、今のアタシには見渡せる。
6月15日(木)仕事に埋もれて死んじゃってます...( = =) 遠い目。

続きを読む

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その⑦

-玄武洞の続き-
青龍洞を抜け、建物横に階段がある。元いた場所へ近づく凸凹な石畳状の階段道を戻るより、多少遠回りになろうともコンクリ階段を降りる方が足の負担はましと判断し、
そ『アタシはあっちから降りるから~』我がまま発言にも咎めることなく、優しい(強調しておこう…)二人を付き合わせる結果に。降りる途中の立て看板を見て、
E「・・祠なんてあったっけ??」
ゆ「あった。。」
そ『多分・・あれだよね?』
玄武洞から青龍洞の間に確かに祠の前を通った。んが、EKOちゃん先輩が見逃しても仕方ない。看板に描かれてるものとは、似ても似つかない、もっと( ̄~ ̄;) ウーン、なんちゅーか、その・・年季の入った代物でした(苦)
円山川を横目に土産物店まで戻ってきた。玄武洞公園に入った頃とは明らかに車が増えてる、人の数も。(´▽`) ホッ、やっぱ観光地だったんだね?アタシ達がよっぽど変わってるのかと内心ドキドキしたよ(笑)まずは土産物売場を探索するとしよう。
玄武洞ミュージアムが“ウリ”なこの土産物売場は結構広い。石の土産物がたくさん置いてあるが、カバンの町「豊岡市」なだけにカバンもいろいろ置いてある。それと柳細工。柳細工のおべんと箱におにぎりを入れるととても美味しそうだ(。・ρ・)ジュル。
その柳細工で作ったバッグ(豊岡コラボw)を持った皇太子妃雅子様の写真が飾られてあった。持っている人が人だけに確かに上品な感じはする。でもアタシなんて雑な人間が持ったらすぐにボロボロになりそうだわ~。クルっと一周して入口付近に戻ってきた。赤や青・緑や茶色など色とりどりの石を薄く切ったのが売られている。
そ『コースターにいいかも・・』
三人で自分好みの石を探す。その側で何度も聞こえてくるのが・・。

続きを読む

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その⑥

-旅行第二日目(気比の浜~玄武洞)-
5月4日(木)AM6:00
時間に厳しいアタシ達は起床し、まずは念入りにお化粧タイム。
いつ、何時も素顔を他人に見せませんって、訳でもないが出来ることなら見せずにいたいものだ(笑)
7時前には昨日と違って部屋で取るのではなく1階の大広間にて他の宿泊客と一緒に朝食である。朝早い時間帯のせいか一番乗りで広間に入ったアタシ達。ごく一般的とも言える朝食に食らいつく。
干物に冷奴、お味噌汁に朝の定番・味付け海苔。玉子焼きは少々甘め。
旅行先の朝食はつい食べ過ぎる_“〆( ̄  ̄*)・・朝だけではないのだが(笑)
ご飯を食べ、二度目の歯磨きを終え、別にすることはない。朝食を食べてる間に布団もあげられていた。最後に口紅さえ引けばいつでも出て行ける状態だ。今日の夕方には帰るのだし、ぼやぼやしてる暇はない。時間が勿体ないので、今日のプランに基づいてチェックアウトすることにした。
お世話になったお礼を言って、タクシーを呼んでもらうことにした。まずは玄武洞だ。最初、城崎へ戻ってバスに乗るつもりだったが宿のご主人?の話だと、あまり本数が出てないからタクシーの方が良いとのこと。そして、そのまま豊岡へ行ってそこで遊べばいいと親切に言ってもらったが・・城崎へ来て温泉に入らずに帰るなんてそんなこと。これじゃあ、
城崎好きとは名乗れない(笑)
(=_=)別に、名乗りたくもないのだけど。。一番の城崎好きはEKOちゃん先輩だしぃ(爆)
ゆ「玄武洞行って、城崎戻って来ましょうよ」
一瞬、どうする?って空気が流れた時に、すばやくゆきえたんが言った。そして、素直に従う先輩二人(笑)
気を取り直してタクシーを待つ。ふと、
ゆ「玄武洞って、朝早くから開いてるものなの?」
w( ̄△ ̄;)wおおっ!何も考えてなかったよ。早速ゆきえたんが調べてくれた資料を取り出して確認する。玄武洞について時間は記されてはいないが玄武洞ミュージアムは8時30分とある。ただいまの時間はちょうど8時。ここから車で10分くらいだそうだが・・。まっ、何とかなるだろう。そうこうしてる内に、迎えのタクシーが到着。宿を後にして乗り込む。
玄武洞へ進む道すがら反対車線・城崎マリンワールドへの道は流れてはいるものの混み始めていた。
運「今日はすごい人出になりそうですわ」(^_^;)寒かったけど、昨日行っておいて良かったのかな?
穏やかな円山川を眺めながら豊岡方面へ進む。ふと思い出したように運転手さんが、
運「玄武洞にはロッカーがないから土産物屋で預けたら良い」
Σ(- -ノ)ノ エェ!?今どきコインロッカーのない観光地があるだなんて?
運「荷物持って玄武洞へは登れないし、今入口は工事中だから」
( ̄~ ̄;) ウーン。昨日のアタシ達はツイてたが←だから思い込み(笑)
今日は波乱の幕開けか!?

続きを読む

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その⑤

-マリンワールド~気比の浜-
時刻は17時を過ぎた頃。買い物も済ませたし、いざ行かん!お宿へ。
ここからはタクシーでと思ったらタクシーがいない、1台も(倒置法)

ここは観光地じゃないのか??
フツーは、何台か客を待ってるもんでしょう?ましてやGW真っ只中なのに。
EKOちゃん先輩がマリンワールドのインフォメーションに聞きに行くと1枚の紙をもらってきた。
E「電話して呼ぶんだって」
(´ρ`)ヘぇ←他に言いようがない(笑)
アタシが書いてあるタクシー会社の電話番号を読み上げ、EKOちゃんが連絡をする。
E「10分くらいで来るって」
その間、彡(-_-;)彡ヒューヒュー吹きっさらしの人気の全く無いタクシー乗り場の標識の前で待つ。
ホントにしつこいようだが、
(((p(>◇<)q))) 寒いんですってば!!
自慢じゃないが、この寒さの中アタシはひとり素足にサンダル履きだっつの!!←ホント自慢にもなりゃしない(失笑)
ゆ「この分じゃホント到着予定時間ぴったりじゃないですか?」
ネット予約時にチェックイン予定を適当に18時ごろと入力してた。今となっては予言?イヤ、時間に厳しい3人組ということにしておこう。
もしも~し、10分とうに過ぎたぞ~!←時間に厳しい(他人には特に)
そして、ようやくタクシー登場に(´▽`) ホッ。やっとこの寒さから解放される。
運転手さんに、
そ『いつもこんなに寒いんですか?』
運「・・これは異常だわ」
3「やっぱりね~」納得する。
運「明日はどうされるんね?」
E「まだ何も決まってないんです。円山川下りなんかどんな感じですかね?」
運「・・・」
( ̄ー ̄?).....??アレ??反応が。。
運「・・川が穏やかだから。」
なるほど、つまり刺激を求め(て)る?アタシ達には不向きだと。

(o゜◇゜)ノ ハイ☆川下り消えた~(爆)

んじゃオススメは?と聞いてみると玄武洞の名が挙がって(その後の観光タクシーのPRは省略w)バス案内で何だか割引券ももらったことだし、行ってみようということになる。

続きを読む

アタシの成分って(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

ε-(;ーωーA フゥ…旅行記ちょっと一休みっと。

昨日、会社の人から教えてもらった成分解析やってみました。
まずは自分の本名からチェック。
本名の成分解析なのね。


オオーw(*゜o゜*)w ちょっと、ちょっと良いんじゃなぁい?
アタシってば、努力の人なのね??
(・-・)・・・ん?カテキンって何なのよ・・んな緑茶ばっか飲んでないってば(笑)
(ーー;)それより、ちと気になるのは「成功の鍵」が3%って。
それって、
努力はするけど報われないってこと?(爆)
( ̄~ ̄;) ウーン自分で壁を作ってるのかちらん?それで努力が報われないとか??

さて気を取り直して、お次は
そにら。の成分解析でおま。

ジャーン♪そにら。成分です。
(* ̄- ̄)ふ~ん。度胸って、確かに恐いもの知らずの唯我独尊ブログ(笑)
しかも、着色料ってとこがツボ(爆)
よく、なんでそんな出来事ばっか起こるの?って言われるもん。
本人は至って真面目に真実を伝えているつもりではありますが(^_^;)
何かイロモノ混ざってるようで(更爆)

(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!コレおもしろ~~い。
お菓子好きなのもバレバレだ~w
試したことのない方、是非遊んじゃいましょ♪

アタシのお気に「ヒデキ還暦ステッカー」下に入口を設けました。
サイトへ行って分析するも良し、名前とかを入力してすぐに解析するも良し。
どうぞお試しあれ~(* ̄▽ ̄*)ノ"面白成分報告お待ち致しておりまする♪

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その④

-マリンワールド続き-
今回、お目当てのダイブアドベンチャーは、アタシ達の満足を得ることはなかった。( -_-)フッ、やっぱり思った通りであったか。。ただし、予想外のトコで楽しんだ。

何度も言うようだが、この日ホントに
(((p(>◇<)q))) 寒いんじゃー!!
マリンワールドにいる動物達はしょせん海で生きるヤツラである。
ちょっとやそっとの寒さなんて・・
北極&南極に比べりゃアンタ!と思ってる(はず)
( ̄o ̄;)ボソッ・・多分ね(笑)
アタシ達は14:30に行われる ペンギンのお散歩
これがこの日最後の散歩。絶対に見たいじゃないか、でもペンギンのいるブースはほとんど日陰。ただ待ってるだけじゃ寒い。
ゆ「少しでも日なたがいい・・。」皆の意見は同じ。唯一の日が当たる隅っこの場所へ移動し、ペンギンの出待ちである。一際デカいキングペンギンは微動だにせず瞑想中?である。さすがはペンギンの王様(ーー;)どう見てもコイツは散歩しそうにないな。。15分ほど前になって、飼育係らしき人が小柄なのを別の場所へ運んでいく。フンボルトペンギンという種類らしい。やっぱペンギンの王様は瞑想する以外に芸はなさそうだ(笑)
そんな時に、隣で始まったのが トドのダイビング である。
アタシ達の陣取ったところはちょうどトドのブースを壁を隔てたところで、なんつーか・・近すぎて見えない状態。半透明(ほとんど白)のところからシルエットしか見えない。(=_=)まるでトドの影絵だ。
( ̄‥ ̄) フンだ、トドなんてどうでもイイ。←トド好きの人ゴメン(笑)早くペンギンを出せ~!待たせるだけ待たせていよいよペンギン達ご登場でごさる。
そして、とうとう(゜O゜;アッ!
ペンギン様のお通りだ~。

画像が悪いですが、すぐ足元を通るペンギン達。10羽ぐらいだろうか?歩く道の両端にあふれんばかりの人間たちが立ち並ぶ。ペンギン達の真後ろに飼育係の人たち。何故か霧吹きを持っていて、何するのかと思いきや・・ペンギン達のフンの後処理だった。どーりで、道が濡れてると思ったら(笑)そして、そんな飼育係さん達の後をぞろぞろとついて歩く人々。その風景はまるでペンギン界のジャニーズのようである(笑)
とにかくそれほど間近に、手の届く位置で(手は出さないけど)ペンギンを見れて満足である。
それからDIVEブース側にある休憩所で暖を取る。
そして、ここで一番のお気に場所。
( ̄ー+ ̄)特にゆきえたんがね、と言っておこう。
それはロックフィールドである。岩場を再現した場所で潮の満ち引きがあったりする。ウニやヒトデやイソギンチャクに触り放題、しかもここはタダである(笑)かくいうアタシも生まれて初めてヒトデに触りました、そして思った。どうして人はヒトデを手にすると、
裏返しにしたくなるのだろうか?
とてもカラフルな配色につい裏側を見たくなる。
(‐_‐)σアナタもきっと裏返したくなるだろう(予言)
ゆきえたんは触るのを止めて手を洗いに行くのだが、ついまた触ってしまうの連続であった。
特にお気に入りは、この手に乗せてるアメフラシのようです。
アメフラシを乗せてるゆきえたんの手
EKOちゃんの最新携帯の画像。アタシのとじゃ大違いの鮮明さだ(・・、)良いなあ。。

このアメフラシにかなり何度もゆきえたんは触ってた。ヘンな感触であったのに逆にハマってたん?(^_^;)
そのうちEKOちゃんまで感化されて大胆に触りだすし(*゜ロ゜)ハッ!!そういやアタシも鮫みたいないヤツの背びれを引っ張って遊んでたな
(-。-;)・・人のことなんて言えないや(笑)

続きを読む

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その③

-旅行第一日目(城崎~マリンワールド編)-
5月3日(水)AM10:53
城崎到着。
とうとうやってきた。今回の旅行の一番の目的は温泉にあらず。
そう、城崎マリンワールドの新アトラクション「ダイブ」である。宿へチェックインするには時間が早すぎる。まずはマリンワールドへ向かおう。駅改札口すぐにバス停発見。時間を確認したら11時5分発。オオーw(*゜o゜*)wちょうど良いタイミングではないか。
今日のアタシ達はツイてる!
(^_^;)何の根拠もないが。今朝見ためざましテレビの占いでは三人揃って下位チームだったし(笑)道路挟んで向かい側のバス案内所へ向かう。

<第3のイケメン純朴窓口案内係>
案内所へ行き、バス乗車のチケットの有無を確認する。
小窓から、若い係員の人が顔を出し、
係「整理券を取って、降りる時にお金を渡してくれればいいです。マリンワールドは日和山で下車して300円です。」
仕事だから当たり前なのかもしれないが、不慣れなアタシ達に優しく丁寧な説明は大変有りがたい。そして細かいお金がなかったのでついでに両替までしてもらった。つくづく有りがたい。
E「第3のイケメンは純朴そうな感じだわ~」(。-_-。)ポッ。
アタシ達は準備万端でバスに乗り込んだ。

温泉街ののどかな風景をバスは行く。一番後ろの席を陣取ったアタシ達は相変わらずのおしゃべり。EKOちゃん先輩がふと思い出したように話し出す。
E「m課長に『GWはどこか行くのか?』って尋ねられて」
(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン←聞いているゆきえたんとアタシ。
E「城崎へ行きますって言ったら『好きやなぁ~』って」
( ̄ェ ̄;) エッ?
E「・・それは違うやろ~~って思ったわ」
( ´△`)アァー、確かにね。。実はゆきえたんとアタシがまだ在籍中に社内旅行で城崎へ行ったことがある。多分、m課長はそのことがあるので、また行くんかいって思ったに違いなかった。
だが、アタシ達に言わせれば社内で行った城崎は本当の意味で城崎に旅行したとは言えない。
前回はこうだ。天橋立(観光)→城崎(宴会&宿泊)→鳥取砂丘(観光)
城崎は宿泊先というだけで何も観光していない。自由時間も少なくダラダラと長い宴会が続いて、酒癖の悪いヤツが暴れたぐらいの印象しかない。アタシ達3人はそれでも貴重な自由時間でホテルを抜け出し、1件だけだが外湯巡りをしたのであった。(ーー;)実際、外湯へ行ったのアタシ達だけだったようである。
そんな話をしていると、目の前に広がる立ち並ぶ車の列。2車線しかない片方を埋め尽くしている。バスの運転手さんが言う。
運「あと50mぐらいだから、ここで降りて歩いた方がいいですよ。多分30分ぐらいはかかるから」
(゜ロ゜;)エェッ!?今日のアタシ達はツイてたんじゃなかったのか?←それ、思い込み(笑)
そう言われたら仕方ない。次々とバスを降りていく。アタシ達も右へ習い続く。
ゆ「ホントに50m先なのかなぁ?」
確かに前にそれらしきものは見えない。見えているのは上り坂だ。
だが歩くしかない。歩くのだ。すると、全く動いていなかった車が少しだけ動いた。
(/||| ̄▽)/ゲッ!!!何がイヤだって・・そりゃあ、
降りたバスに抜かされること!(爆)
それだけはイヤイヤ"o(><)o"イヤイヤ~!
歩いた!とにかく必死で歩いた!!絶対にあのバスにだけにゃあ抜かされたくはない、その一心が3人の気持ちをまた一つにした瞬間だった(笑)

続きを読む

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その②

-旅行第1日目(大阪~城崎編)-
5月3日(水)AM6:00
EKOちゃん先輩が朝起こしに部屋へきてくれた。昨日はお風呂を頂いたり、いろいろとお世話してもらった。「民宿へようこそw」なんて照れて言ってらしたが、家具がウッド調ブラウン系に統一されていて、民宿って言うよりヴィラって呼びたい。そんなおしゃれなたたずまいであった。
化粧をして、忘れ物が無いかを互いに確認しマンションを後にする。
・・寒い。(((p(>◇<)q)))
何だ?この寒さは??EKOちゃんと「寒いね、寒すぎる」と言いつつ、ゆきえたんの待つ大阪駅へ。昨日「大阪駅ではアタシが出迎えします」と言ってたが・・いた!さすがは徒歩3分のホテル←この場合、褒めるべきはゆきえたんである(爆)
会った早々ゆきえたんにつっ込まれる。
ゆ「なんでそんなに荷物少ないの?アタシと同じ2泊だよねぇ??」
(¬д¬。) ジーーーッ(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
実際、1泊のEKOちゃん先輩よりカバンが小さい。
ゆ「一体、何が入ってるの?不思議。。」
そ『必要最低限なものが入ってんの!必要最低限だけど入ってないものも(きっと)あるけどね』
・・(=_=)それじゃ全く意味が無い(笑)
3人揃って、まずは中央きっぷうりば[みどりの窓口]へ向かう。ネット予約では予約番号とアタシのカードが必要で[みどりの券売機]でももらうことは可能(姉妹)だが、先輩の「人とやり取りする方が安心」の言葉に賛同、窓口へ向やかう。
余談だが、アタシはずっと[みどりの窓口]等に書かれてある[5489]の数字の意味が実は分かっていなかった。
ジーッ (@ ̄_ ̄) ・・・・・5489
(*゜ロ゜)ハッ!!ゴ・ヨ・ヤ・ク!“ご予約”かぁ!!( -_-)フッ、なんだよJR。んなの“夜露死苦”と大して変わらないぢゃないか(笑)
まぁいいけどねと思いつつ、切符を受け取りホームへ向かった。

8時12分発[北近畿1号]2号車禁煙席。
横並びに3人。2人と1人に分かれ着席。ゆきえたんとアタシが一緒になる。駅弁は1時間もすれば来るかな~~なんてワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪しながら二人揃えばFFのバルちゃん(バルフレア)話『バルちゃんの派手なベストはまるで「アンフェア」における加藤雅也のようだった』などに花が咲く。二人ともバルちゃんの格好良さにやられまくりである
愛しのバルちゃん

しかし・・お腹が空いた。(=_=)朝食は3人揃って駅弁と決めていた。だが駅弁はいつ来るか分からない。実はホームのキヨスクで物珍しさに惹かれ「大阪名物たこむす」なるものを購入。先にコイツに着手することにする。
大阪名物?たこむす

大阪人ですが・・大阪名物とは知りませんでした(笑)
愛知県人のゆきえたんからは「名古屋名物『天むす』のパクリですよね?」と聞かれてしまった。。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハそう言われても否定できないやアタシもそう思っちゃったい(笑)
おにぎりをたこ焼に入れるという暴挙とも取れる荒技を使用したこのたこむす。『ヤキソバ定食にお好み焼き定食はアリだけど、たこ焼定食はさすがに大阪人のアタシでも引く。』そんなアタシの感想。
『美味しくないとは言わないが一度食べたら2度は買わないと思う』
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)んだんだ。賛同を得る。好奇心を満足させる一品ではあると思いますけどね。

<第一のイケメン爽やかキヨスク店員>
このたこむすを購入時にときめかせる(特にEKOちゃん先輩を)出来事があった。今回の旅行での支払いは先に回収したお金から出すのだが、そのお財布を任されたのがEKOちゃんである。駅弁はおろか宿泊費・ジュース代等全ての会計役であり、さしずめ会計監査はゆきえたんとアタシである。たこむす代を支払う時、キヨスクの店員さん♂に「お箸はいくつ入れておきましょうか?」とたずねられ、「えっ、じゃあ3膳・・スイマセンね厚かましくて」と先輩が謙虚に言うと「いいえ。」とはにかむように否定しつつ、
ニコッ(*゜ー+゜) と微笑む返される。
駅のホームはおっそろしく寒く『早く電車来~~い!!』と奥歯ガタガタ振るえるアタシ達の心を可愛くて爽やかなキヨスク店員さんがほんのり暖めてくれた瞬間だった。
( ̄o ̄;)ボソッ実際のところ、お箸はそれほど必要でなかった。。手掴みで十分な代物(笑)


続きを読む

湯けむり・ちゅるちゅる・イケメンズの旅(そにら。サイド)その①

ども(*^ー^)ノ そにら。ッス。
無事に旅行から戻ってきやした。久しぶりの旅行は発見の連続でした。
お見せ出来るような画像はございませんが、脳をフル活動させて記憶に残ってる限りエピソードをご紹介させて頂こうと思っております。
ただ(ーー;)一緒に行ったゆきえたんからの妨害?が入るかもしれませんなぁ~ヤツはツッコミ星人だし(笑)ってな訳で、そにら。視点にゃあ若干のフィクションが含まれるかもしれないっつーことでご了承を。
ゆきえたんの隠れ家 で真実?が掲載されるかもしれませんので、その時にでもご確認下さいませ。
んでは、バッタもんクサイ旅行記の始まり始まり~(笑)

-プロローグ-
5月2日(火)
旅行前日である今日は、何が何でも仕事をテキパキ切り上げて、今夜泊めて頂くEKOちゃん先輩と落ち合わなければならない。
昨日の晩、ギリギリに旅行準備をしたいつもより1つ多いカバンを持って勢いよく玄関を出る。
戸締り良しと。今日の天気予報では昼頃にわか雨とか、今朝はどんより曇ってはいるがまだ雨は降ってはいない。まぁ、今降っていなければアタシ的にはOKだ。念のため(というか、いつも)折りたたみ傘はリュックに入っているし。一番問題と言えるのは天気というより気温だった。
前日、労働者の祭典と言われるメーデー5月1日、大阪は恐ろしく暑かった。
気温28度。だが実際のところ28度ではおさまらなかったはずだ。社内の温度計は34度を示していた。(ーー;)皆仕事どころの騒ぎではない。4月までの涼しさはどこへやら極端な気温の変化に順応するには時間がかかるものである。
そんな前日の気温はアタシのこれまでの服装プランをにわかに狂わせることとなった。そして、これがこの旅行の最大の誤算だったともいえる結果になるのである。
アタシは、前日の気温のせいで絶対に暑くなるとの予想を立てて、履いていく靴はサンダルに決定。カバンに詰め込んだ服も薄着仕様。それによりカバンはいささか軽めとなり、持ち運びには楽になった。
さぁ!まずは仕事だ。これが終わらないと楽しめるものも楽しめないじゃないか!!気合を入れ、いざ駅へ。電車からEKOちゃん先輩へメールを打つ。『仕事が無事に終わるように祈っててね』
会社について仕事を始める準備をしだした頃、EKOちゃんより返信が。「今日だけは無事に終わるよう祈ってます」
・・・(^_^;)出来れば、毎日祈っといて欲しい(笑)
そして、EKOちゃんの期間限定の祈りが通じたのか?トラブルメーカーなアタシにしては比較的スムーズに仕事を終えることに成功した。
アタシが城崎へ行くと知ったMさんに、
M「じゃあ、お土産はカニで」とねだられ?
そ『 カニィ 』
思わず、声が裏返ってしまった。。(^_^;)持ってくるまでに腐るってば(笑)
帰り際、再度Mさんから「気をつけて行って来てね」と声を掛けてもらい、
そ『ありがとうございます。でもカニは 無理!だから』と、一応キッパリ否定しておく。
しかし、今となってはこの時にカニにまつわる何かを買って帰ることをスリコミされた気がするような?
仕事を終え、更衣室よりEKOちゃんへ連絡する。待ち合わせはいつもの難波・高島屋ヴィトン売場前だ。『6時45分ぐらいに着くと思います』そう連絡をして会社を出る。電車で向かう途中、今度はゆきえたんへメール『無事脱出した?』

続きを読む

アタシの遠足はもう始まってる。

先週までのドタバタが嘘のようだった何事もない今日1日でした。
( -_-)フッ。今日Yさんに前述『GW前だからの嵐( ̄へ  ̄ 凸』を読んだよ~って、爆笑されちったい。
実際、アタシがオロオロしてたのはご存知ながら、そんないっぺんに災難(商品未着・発送間違い・在庫数量違い)が重なっていたとまでは認識してなかったそうな。
アタシ自身も重なって欲しくは全然なかったんですけどね(T^T)

3日から、ゆきえたんとEKOちゃん先輩と3人で旅行です。
城崎へ行きます。(^_^;)フツー城崎っつったら温泉がメインと思われがちですが(フツーわねぇ)ぬわんと目的は「城崎マリンワールド」だったりします。
CMでたまたま見た新アトラクション「ダイブ」だっけな?それに感化され?ゆきえたんに
『行ったら、きっと期待を裏切られるんじゃないの?って思わなくないけどちょっと興味ある』的な話をしてたら、
んじゃ行こうよ!って、話がトントン拍子に進んでいったって感じです。
その時すでに4月入ってて、
宿は取れるのか??・・取れた、結構あっさり(笑)

でも、切符はどうよ??・・これまたあっと言う間に予約完了(笑)

今回、全てネットで手配済んじゃました。すごい時代だなぁと感心。(・0・。) ほほーっ
ゆきえたんは前日やってきて大阪泊まり。アタシも結構家から遠いのでご好意に甘えて、EKOちゃん先輩の家へ前日泊まりで次の日ゆきえたんと合流です。
今日、慌てて荷物作り(・Θ・;)アセアセ…どうして、前日になってバタバタすんだろアタシって。でも、ゆきえたんもこれからするって言ってたし。

・・同類(爆)
おひつじ座だからか?それともO型の血がさせるのか??とにかく、もうすでにドタバタなアタシたちの旅行は始まってるといえよう。
めいっぱい楽しんでくるぜ!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

合言葉は『家に帰るまでが遠足』『バナナはおやつ(500円)に含みません』だ(爆)
そにケログ。

そにら。

  • Author:そにら。
  • そにら。のブログ 略して、そにケログ

    ↓FUの火を灯し続けよう!
    FLYING UNION


    まりかんゆきえたんまりか☆彡誰?メロンパゆずミルクル未来の…そにら。
    ちんぷん♪←MYほうき。ちんぷん♪
    弟はかんぷん☆


    愛しの稲葉さん
モンハン日記アイルー村
おNewでっせ!
Thank You!
おバカ分け。
記事こんだけ。
トラバってます。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。